メニュー

婦人科一般

おりもの・かゆみ・できもの

おりものがおかしい?多い? かゆみがある? 痛い?

見えないところのトラブルです。
おりものや痒みの原因は 腟炎のことがあります。
カンジダや常在菌が原因の場合は、単に薬による治療だけでは再発しやすいために、生活指導も行っています。(服装が原因になっていることが一番多いです)
痛みがひどい場合はヘルペス感染のことがあります。いぼは尖形コンジローマのこともあれば、単純な毛嚢炎のこともあります。
ひとりで悩まず 診察を受けて解決しましょう

月経異常 【子宮筋腫 子宮腺筋症 子宮内膜症】

正常な月経とはどのくらいか知っていますか?
月経痛がひどく日常生活が困っていませんか?
仕事や学校を休むことはありませんか?

多くの方は自分の月経量は正常であると回答されます。正常な月経期間は3日から7日間、その間の量は全部あわせて20ml-140mlといわれています。
昼間でも夜用ナプキンを使用していませんか?トイレで血の塊が落ちませんか?多いのは1日か2日だけだから大丈夫と思っていませんか?
特に血液検査で貧血を指摘されている方は要注意です。貧血とはめまいやふらつきのことではありません。ヘモグロビンの数値が低いことです。症状がなくてもすでに身体にダメージを与えています。
血圧が高いのに症状がないからといって放置してはいけませんよね。同じことです。 

鉄欠乏性貧血といわれ内科で鉄剤を処方されている方、なぜ鉄が欠乏しているかよく考えてみましょう。月経が多くありませんか? 原因は子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症が考えられます。
きちんと診察をうけましょう。必要な場合MRIをとり、より詳しく診断をしています。セカンドオピニオンを希望される方もどうぞ。
現在治療法は一つではありません。できる限り新しい情報を提供します。

不正出血

月経以外の出血はありませんか?

おりものが茶色い場合は不正出血のこともあります。排卵期出血が当たり前だと思っていませんか?ストレスで出血すると思っていませんか?

子宮頚管ポリープ、子宮内膜ポリープ、子宮がん、性病、ホルモン異常など原因はいろいろ考えられます。 
原因は絶対あるはずです。多くは大きな問題ではありませんが、中には治療が必要な病気が隠れていることもあります。
きちんと調べましょう。

また帝王切開をしたことがある方は、手術の影響のこともあります(帝王切開瘢痕症候群)

PMS

いつも同じ時期に調子が悪くなるという方、月経前症候群ではありませんか

正しく排卵するとおきてしまう症状です。きちんと食事をとっていますか?パンやパスタなどを多くとっていませんか?
正しい食事をとっているのに調子が悪いのならば、漢方薬や低用量ピルで症状の改善が期待できるかもしれません。試してみてはどうでしょうか?

下腹痛

何となくお腹が痛い子宮内膜症の癒着、卵巣の腫れ、性病なども否定できません。
きちんと検査しましょう。

下腹部のしこり

横になるとお腹に硬い物が触れる?
子宮は6-7cm程度の大きさです。卵巣は親指ぐらい。お腹の上からでは、触れません。子宮筋腫や卵巣腫瘍など、何かできているのかもしれません。
超音波の検査を受けることおすすめします。

手術

流産手術などは、お受けしています。当院では子宮内膜掻爬術ではなく、吸引法を行っています。

妊娠中絶術

諸事情により妊娠をあきらめる方はご相談ください。妊娠8週ごろまでの手術をお受けしています。
手術前に超音波検査や血液検査が必要になりますので、なるべく早めに受診して下さい。
予約がとりにくい場合は、受付にお電話ください。045-948-2567

不妊相談

基本的には不妊治療は行っておりません。理由は。。。
横浜市内は、不妊治療専門のクリニックがいくつもあります。
はじめから専門医を受診されることをおすすめしています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME