メニュー

初めて受診される方へ

院長より

婦人科を受診するのはどうも気がすすまないと思っていませんか?
それは、女性として、自然な気持ちだと思います。

婦人科では何するの?
内診ってどうするの?
診察台はどう乗るの?
以前診察で嫌な思いをしたことがあるのだけど…
恥ずかしくて質問できないかも…

でも、やっぱり必要なんです。

当院は 婦人科デビューの方が大勢います。
皆さんの不安を少しでも減らすため、婦人科受診が初めてだということを当方がわかるように、問診票に 婦人科受診ははじめてですか? という項目があります。
その他 前もって聞きたいこと、心配なことを記入して下さい。
また 性交経験がない場合は特に不安ですよね。問診票に、性交経験の有無、内診を希望する、しないのチッェクもあります。
わざわざ口にしなくても大丈夫です。

最近 月経は順調だけど、いらいらする。落ち込む。だるい。眠れない。などの不定愁訴のみで来院される方が増えています。
これらの症状は、産婦人科専門である当院では対応出来ません。
詳しくは <よくある質問><院長のブログ>をお読み下さい。

身体の情報をもとに 患者さんと一緒に、悩みを解決していく

本人が重要と思っていないことの中にも、ヒントが隠れていることがあります。
たとえば、

今月 月経がおかしいと思っても、原因は先月や、数ヶ月前にあることもあります。
月経痛がひどくなった原因が、数ヶ月前からの生活の変化かもしれません。
貧血の原因が、自分では自覚していない月経量であることも。
そのため、色々な情報を教えていただくことが重要です。

当院の問診票は細かい質問が多いです。自宅でダウンロードできるので、ゆっくり記入してきて下さい。
ダウンロードできない場合でも、メモしてきてください。

問診票ダウンロードページへ

最終月経の開始日は大切です。できれば数カ月前からの月経を教えてください。
痛みがある場合は、いつから?どの場所が?などの情報が大切です。
他のクリニックでの説明に疑問の方は いつ、どのような説明だったかを教えて下さい。
健康診断を受けている方は 結果を持参してください。
基礎体温はとても重要です。
スマホ画面は小さいので、1か月分は基礎体温は紙に写してください。

ピルや月経移動、更年期のホルモン補充療法などをご希望の方は、こちらの問診票もご記入の上お持ちください。

問診票ダウンロードページへ

当日のお願い

※必ず保険証を持参してください。
※できれば、記入した問診票をご持参ください。(院内にもあります)
※健診の結果、他院の結果、お薬手帳、他の書類などがありましたら、ご持参ください。受付にお出し下さい。
※当日の服装はスカートでも、ズボンでも大丈夫です。内診が必要な場合 靴、下着を脱いでいただきますので、着替えやすい服装をおすすめします。
※内診が苦手な方は 前もってお伝えください。(問診票に御記入下さい)きちんとお話してから診察すると ほとんどの場合は大丈夫です。全ての方に内診が必要な訳ではありませんが、子宮や卵巣の状態をみるには大切な方法です。
※性交経験のない方は 内診を行わないことが多いです。ご相談ください。

予約案内

当院は予約制です。

初診の方も30日前よりネットから予約できます。

ネット予約が難しい方は 直接お電話ください 045-948-2567

予約について

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME